短い審査期間を経て利用できる診療報酬債権担保ローン

診療報酬債権担保ローンの魅力とは

診療報酬は一般的に患者の診察後、3カ月程度後に支払われることになります。そのため売上は上がっても、現金が入ってこないので、キャッシュフローの面で問題が生じることも少なくありません。そのようなことから、未入金の診療報酬をうまく活用しようと考えが生まれて、診療報酬債権担保ローンのサービスを提供する金融機関が登場してきました。医療機関側としては、有している診療報酬債権を担保に出して現金化することで、事業資金を効率的に調達できるようになります。そのようなことから、安定的な経営ができるようになるのです。
診療報酬債権担保ローンの魅力は、長期的に経営を安定させられることだけではありません。審査期間が短いので、短期間で資金調達できるのも魅力の一つです。不動産担保ローンを利用して融資を受ける場合、審査事項も多いため、どうしても審査に時間がかかって融資に一定の時間を有します。しかし、診療報酬債権担保ローンは審査事項も少ないので、短期間で審査の結果が出て、資金の融資を受けられるのです。それから、融資金の活用範囲も広いので、医療機関の設備投資などにも活用できるのも魅力の一つだと言えるでしょう。このようなことから、診療報酬債権担保ローンを活用して事業資金を調達する医療機関が増えています。

診療報酬債権担保ローンの活用方法

医療機関特有の資金調達方法としてあげられるのが診療報酬債権担保ローンです。このローンサービスは医療機関が有している診療報酬を担保に提供して融資を受けるものです。保険金支払いをする機関から診療報酬を受けるまでに数カ月間のタイムラグが発生します。したがって、診療報酬債権担保ローンを活用することでそのようなデメリットをうまく解消しながら、医療経営を行っていくことができるのです。
医療機関が診療報酬債権担保ローンを活用して融資を受けたとき、融資金をどのように活用しているのか気になるところでしょう。診療報酬債権担保ローンの融資金は使途制限があまりないので、いろいろなことに活用することが可能です。事業資金のために活用できるのは無論ですが、医療機関の移転や改築目的で融資金を活用することも可能です。
医療機関の移転や改築費用は数千万円から数億円単位のお金が必要になるケースも多いです。そのため、診療報酬債権担保ローンで融資を受けたお金があてられるケースも多いです。その他、高度医療器具を導入するためや買収目的で融資金を活用する場合も見られます。医療機関の統合はいろいろなところが行っているので、そのために診療報酬債権担保ローンを活用しようとしている医療機関も増えています。

ピックアップコンテンツ