素早く資金調達が可能な診療報酬債権担保ローン

診療報酬債権担保ローンのメリットとは

何らかの理由で医療機関が資金などを必要とした時に検討されるのが診療報酬債権担保ローンです。これは医療期間が資金を得ることを目的に「診療報酬債権」を担保をすることで、ローン会社から資金を調達する方法です。不動産担保ローンなどと似たシムテムになっていますが、不動産担保ローンとは違って医療機関のみが利用できるシステムとなっています。
診療報酬債権担保ローンのメリットとしては医療機関では必要な資金調達ができることと、またその資金調達の返済も低金利できることです。そして無担保ローンとは違い、診療報酬債権という担保があることから返済に充てられる期間も長く設定することができます。低金利で利用できるのは診療報酬債権は債券の中でも回収されることが確実であるため、診療報酬債権担保ローンの取扱いローン会社にとっても不良債権のならないというメリットがあります。
診療報酬債権担保ローンと類するものに介護施設などが利用できる介護報酬債権担保ローンや、薬局などが利用できる調剤報酬債権担保ローンなども、同じようなシステムであると考えていいでしょう。ただし、借入が可能であれば銀行などの金融機関からの借入の方が金利は安くなる可能性があります。

診療報酬債権担保ローンの仕組みと特徴

診療報酬債権担保ローンは、病院などの医療機関における保険医療の診療報酬を担保としたローンです。このローンは、ローンという名は付いていますが融資ではなく債権譲渡に当たるものです。
仕組みとしては、医療機関が毎月の診療報酬を支払機関に請求する際に、債権をローン会社に譲渡するという通知を出すことで、診療報酬はローン会社に支払われ、その金額から元本と利子を引いた余剰金を医療機関へ返却するというものです。
以上のように、診療報酬という確実に回収可能な債権を使うことからローン会社の審査は比較的緩く、銀行等に融資を断られた場合でも利用が可能なケースが多いです。また、診療報酬債権担保ローンを利用した場合、通常診療を行ってから診療報酬の受け取りまで2~3か月程度かかるところを1か月程度に短縮することが可能です。
ただし、以上のように資金調達の面でメリットの多い診療報酬債権担保ローンですが、医療機関からの診療報酬に不備があるとローン会社に診療報酬が入るのが遅れることから、利子は通常の銀行融資より高めに設定されていることが多かったり、将来的に収益が減った場合に返済の負担が大きくなり運転資金を圧迫する可能性があるといったの留意点もあることに注意が必要です。

ピックアップコンテンツ