診療報酬債権担保ローンを活用して病院経営

診療報酬債権担保ローンを受ける企業

診療報酬や介護報酬は、法的に定められた医療機関が受けられるものです。しかし現在は法人に準ずる医療機関でも報酬が受け取れ、保険診療報酬の流動化がクローズアップされています。患者が3割の自己負担額を病院で支払うことができる理由には、残りを医療にまつわる保険金で補填している背景があります。そのため医療機関は、月末までに請求すべき金額を算出していきながら保険団体へ申請を行います。
保険治療を採用している病院は、診療報酬を担保として受けられる制度を上手に活用することで、安定した病院経営が成立していくこととなります。保険金が支払われるまで時間を要することもあるため、現在は安全性が高い優良債権が大事になるわけです。
医療機関にとって透明性がある資金調達をするには、将来的なお金の支払いに関する仕組みを確立させておくことが重要です。個人経営の病院に関しては、患者の数が一定基準をクリアしている部分が大切なポイントとなり、医療サービスへ還元していくためにも診療報酬債権担保ローンを活用することが大事です。さらに手数料が事前に引き落とされる場合もあって、診療報酬全体で見ればいつ譲渡されるかを見極める必要があります。

気軽に利用できる診療報酬債権担保ローン

病院経営において収益の一つが医療費です。患者が会計時に支払うのは大抵医療保険を用いているので、窓口で支払うのは3割であり、残りの7割は保険金から支払われます。この医療費、すなわち診療報酬はその月末や次の月に得られるというわけではありません。病院は月末までに保険に対する請求金額を計算し、翌月10日までに提出するのですが、実際に病院に支払われるのは翌々月なのです。時間はかかりますが、診療報酬自体はほぼ必ず支払われます。
診療報酬というのは患者の治療をすれば必ず発生するものであり、受け取るまでのタイムラグが存在するものの、どこかへ消えるということはあり得ないものです。つまり優良債権ともいえるものです。この安全性の高い優良債権を利用したのが診療報酬債権担保ローンです。診療報酬債権担保ローンを受けるのは病院や診療所だけでなく介護事業者も受けられます。
診療報酬債権担保ローンによって得た資金はどういう風に活用するのかというと、毎月の職員の給料や、病院においてなくてはならない薬を購入するための製薬会社に対する支払いに使われます。
融資の申請に関してはあまり手間がかかりません。必要書類がいくつかありますが、申し込みをしてからたったの数日で融資が受けられます。診療報酬債権担保ローンは難しく考えず、資金に少し困ったことになれば気軽に相談してみる程度の心構えでも大丈夫です。

ピックアップコンテンツ