医療経営を助ける診療報酬債権担保ローン

診療報酬債権担保ローンとは

病院や歯科医院などの医療経営をする際にも、資金繰りが重要になってきます。医療機関で患者が診察を受ける際、保険が適用される場合とそうではない場合があります。前者は診療費用の総額のうち3割を患者が自己負担して残りの7割は保険金から支払われます。後者の場合は全額患者が自己負担をします。前者の保険診療の場合、保険金の支払いは診察から数カ月後になるのが通常です。そのため、医療機関側は一時的に売掛金という形で売上を計上することになります。
しかし、この状態を数カ月間継続させておくと無駄が生じてしまいます。この診療報酬債権をうまく活用できるようにすると、より効率的に医療機関を経営していくことが可能となります。そのようなことから、診療報酬債権を担保にして融資を受けられるサービスを提供しているノンバンクがいくつかあります。無駄のない医療機関経営を実践するために診療報酬債権担保ローンを利用して、融資金を調達することを考えてみてはいかがでしょうか。
診療報酬債権担保ローンで借入をするのであれば、老舗のノンバンクを利用したほうがよいでしょう。融資条件も高待遇でゆとりのある返済期間を設定してくれます。それにより、医療機関の経営の安定化をはかることができるようになるでしょう。

不動産なしで高額融資を受けられる

医療機関を経営するに当たって、高額な資金が必要になることも少なくありません。そのため、事業資金の調達をするために金融機関へ高額融資の申込をしようとするケースも結構あります。金融機関から高額の融資を受けるには、それに見合うだけの担保提供を要求されるのが一般的です。
通常であれば所有している不動産を担保に提供して高額融資を受けます。しかし、どうしても不動産を担保に提供できないという場合もあるでしょう。そのような場合は、金融機関から高額融資を受けることをあきらめなければならないのか気になるところです。しかし、医療機関を経営している場合であれば、不動産なしでも高額融資を受けることが可能です。なぜなら、 診療報酬債権担保ローンを活用して事業資金を調達すればよいからです。
診療報酬債権担保ローンとは、医療機関が保険金の支払い機関に対して有している診療報酬債権を担保に融資を受けるものです。具体的には診療報酬債権を金融機関へ譲渡して融資を受けることになります。医療機関側が融資金の返済が出来なくなっても、金融機関は診療報酬債権を直接保険金の支払い機関へ請求することが可能です。それによりスムーズに融資金を回収することができるので、不動産を担保に取る必要がないのです。

東京南青山にてビジネスローンを50年以上の実績。 老舗ならではの豊富な手形情報量、ノウハウの蓄積です。 ビジネスローンなどの事業融資は東京南青山の湊屋商事です。 昭和39年創業以来、東京南青山でビジネスローン(事業融資)を主業とし中小企業向け金融サービスを展開です。 昭和39年創業以来、永き50年に亘り業歴を重ね、事業融資全般を主業とする老舗専門業者です。 診療報酬債権担保ローンについて「湊屋商事」

ピックアップコンテンツ